太陽光発電を自宅に導入する際の注意点とは!


太陽光パネルを設置する前に屋根のメンテナンスを使用

電気代の節約やエコの為に、太陽光発電の設置を考えている人は多くいます。そもそも太陽光発電とは、屋根にソーラーパネルを設置することで太陽のエネルギーを電気に変えるシステムのことです。とても画期的なシステムですが、パネルを取り付ける前には必ず屋根のメンテナンスをしておくと良いでしょう。というのも、屋根に劣化や傷みが見られた場合、パネルの重みでますます状態が悪化してしまうからです。太陽光発電システムが設置された後に雨漏りなどのトラブルが生じたら、一度パネルを取り外してから修繕をすることになります。それでは、手間もお金も余計にかかってしまうことになります。ですから、設置前に塗装やリフォームが必要ならやっておくと良いでしょう。

信頼できる業者に依頼しよう

太陽光発電を設置する場合、信頼できる業者に必ず依頼することも大事です。それは、太陽光発電の設置後に会社が倒産してしまうという事例が増えているからです。また、さらにひどい場合、設置工事をすることもなく頭金を持ち逃げされてしまう事例もあります。そもそもソーラーパネルは寿命というものがあり、定期的に異常がないか確認してもらったり、メンテナンスしてもらったりする必要があります。しかし、設置を請け負った業者が倒産すると、その後のメンテナンスなどのアフタフォローが受けられません。設置工事の費用が極端に安かったり、契約を急かしてきたりする業者は倒産の危険が高いです。そのため、信頼できる所かどうか慎重に吟味するようにしましょう。

太陽光発電の価格は売電価格が年々下落していますが、設置費用も下がっているので、環境に優しいエネルギーとして今後も設置が拡大していくと思われます。