若手からベテラン社員まで研修会が必要です


合宿スタイルの新人研修について

新人をより短期間で即戦力に成長させたい、これが今日の日本企業の切実な心の声です。いわゆる近頃の若者は、非常に有能である事が多いです。人材としてのレベルは高く、公共道徳やマナーの意識がとても高い新入社員も珍しくはありません。ただ、いつの時代も新入社員はどこか頼りなかったり、大学生の気分が抜けていないのも事実です。

新人を短期間で最前線で活躍させた場合は、合宿型の新人研修を行うのが良いでしょう。合宿形式であれば短期間に、社会人としての基礎をコーチング出来ます。また郊外の合宿場で、新人がみんな一緒に共同で生活を送ったり、実地研修に集中的に取り組めば、僅かな期間でのスキルアップが望めたり新人同士の絆が深まります。実際に多くの有名企業において、いわゆる林間学校のようなスタイルの合宿研修が導入され、高い即戦力育成の効果を発揮しています。

中堅からベテラン社員向けの研修もあります

社員研修と言えば新卒で入社する若者限定のものだと思われているかもしれません。実は中堅からベテラン社員向けの研修サービスが存在します。社会人として経験豊富な社員でも、残念ながらコンプライアンス意識が低い場合があります。また昭和の世界観のまま、後輩の育成を行う管理職の方々もいます。自分の成功体験が忘れられず悪い意味でスパルタ式の後輩指導をしてしまい、若者が苦しみ離職したり、うつ病になるケースが頻発しています。そういったベテラン社員の方々には、コンプライアンス研修やハラスメント研修が必要です。

就職した後には業務内容やマナーなどの基本的なことを学ぶ新人研修があります。これがとても重要で、しっかりと取り組むことで、社会人生活は大きく変わります。