手軽に安全な家にすることができるガラスフィルムの効果


地震で窓が割れて飛散することを防ぐ

地震災害が起きた時に、安全な避難ができなくなる要因として注意してほしいのが窓ガラスです。窓ガラスは強い揺れの影響を受けると、衝撃に耐えきれずに割れてしまいます。割れたガラスは表面がとがっており、誤って触れてしまうと簡単に体に傷がついてしまいます。特に夜に地震が起きて割れてしまった場合、暗闇の中ではどこに割れた破片があるのかわからないのでとても危険です。

災害が起きた時に安全に避難するためにも、窓ガラスの飛散対策は必須事項です。現在では災害時でも割れにくい窓ガラスが販売されていますが、実際に張り替えるとなると費用負担が大きいです。そこでリフォームをしなくてもできる方法として、ホームセンターで販売されているガラスフィルムを購入して貼りましょう。

ガラスフィルムは強い弾力性があるのが特徴で、貼り付ける際も薄いフィルムを窓に貼るだけです。空気が入らないように貼り付ける必要がありますが、なんどもチャレンジができるので慣れれば簡単に貼り付けることができます。このフィルムを窓に張り付けることで、強い弾力性が窓ガラスの飛散を防止してくれるので安全に避難することができます。

窃盗被害を抑えることができる

ガラスフィルムを設置するもう一つのメリットは、自宅の窃盗被害を抑えてくれることです。ガラスフィルムの中には、すりガラスのように室内を見られなくするタイプがあります。室内の状況を見づらくすれば、窃盗犯は安全を確認できないので侵入をやめる確率を増やします。そして窓ガラスを割って侵入する際も、施錠部分に貼り付けておくことで割れることを防ぐことができることも防犯力を上げるのに役立ちます。

ガラスフィルムには3つの効果があります。「減光」「温度度抑制」「紫外線カット」です。健康を守るために大きな効果があります。