営業代行会社の仕事内容と利用するメリットを解説


営業代行会社の主な仕事内容

自社の営業に関する業務を外部の会社に委託することを営業アウトソーシングと呼び、そのうち営業職の人手が足りていない場合や営業ノウハウがわからない場合に利用するサービスが営業代行です。テレアポやWeb集客、既存顧客へのアフターフォローなどの業務を自社の代わりに行ってもらえます。

さらに顧客ニーズの分析やマーケティング活動など、新しい営業企画の作成に役立つ情報を提供してもらうことも可能です。自社で研修や採用に時間と費用を割くことなく、確実に営業分野に強い人材を迎え入れることができます。ただし会社によって請け負っている業務の範囲やスタッフの得意分野が異なるので、営業代行会社を利用する時は自社の分野や要望に適した会社選びを行うよう注意しましょう。

営業代行会社は業務の効率化を助けてくれる

アポ取りのプロである営業代行会社は、アポハンターと呼ばれることもあります。営業代行会社に在籍しているスタッフの多くが、さまざまな営業経験を持つ営業のプロ。営業代行会社をビジネスパートナーにすると、自社にはない営業ノウハウを獲得できるメリットがあります。

成果報酬型の料金体系を採用している営業代行会社と契約すると、実際に効果が出る前に損をしてしまう心配は必要ありません。アポ取りのために社員の労働時間を使う必要がなくなると、空いた時間でほかの業務や企画作成に力を入れることができるようになります。営業代行会社をビジネスパートナーにすることで、自社の業務の効率化を実現するのです。

営業代行は、無駄な人件費を節約したり、営業部門の業務を効率化したりする際に便利に使うことができます。