どんなことが可能?通販物流に委託できる作業


物流会社に依頼できる基本的な作業

通販物流を委託する場合、基本的には商品の入庫から発送するまでの一連の作業を委託することができます。物流会社に委託できる作業を具体的に見てみると、まず、商品の入庫の際には、入ってきた商品の種類や数があっているかをチェックしたり、商品に不具合がないかを検品します。そして、商品を適切に管理し、出庫の際に効率よく先入先出順に出せるよう保管します。

出荷指示が出されると、注文に応じて商品を取り出すピッキング作業を行います。近年のIT化により、この作業にはタブレット端末が用いられることが多くなり、遅延やミスが大幅に減っているようです。注文内容を確認し、適切な梱包をして出荷します。自社で輸送手段を確保している通販物流会社では、効率的な配送を行うためにシステム化しているところもあるようです。加えて、機会損失や廃棄リスクを減らせるよう、倉庫内にある商品が適正在庫数となるよう管理します。

独自の取り組みをしている物流会社もある

通販物流会社では、通販サイトのニーズに合わせて、独自のサービスを展開しているところもあります。例えば、販促活動のサポートを行う場合があります。新規で通販サイトを立ち上げたい、稼げる通販サイトにしたいなどの要望に応えるため、通販物流の経験を活かしてサイトの運用を代行する業務を行うところもあるようです。また、ラッピングや精密機器の組み立てなどのサービスを展開しているところもあり、贈り物を多く扱うサイトやカスタマイズ商品を目玉にしているサイトに人気です。

通販物流は個人客を対象にしたものが多いため、一件当たりの荷物の数は少量ですが件数が多くなるのが普通です。頻繁に車両を動かすので扱う荷物の数の割には時間が取られやすいと言えます。